唐木のダイキン 黒檀・紫檀・世界の銘木の輸入販売

ようこそ唐木の世界へ 〜唐木のダイキン 黒檀・紫檀〜

サイトマップ お問合せ セキュリティポリシー

トップページ 木を探す 木の購入方法 木を楽しむ 会社情報 DAIKINウェブログ

2017年
8月
8月6日(日)
デンパサールに30分遅れて到着。台風の影響があったようです。
イミグレーションも混んでいて、ラインを間違えました。
私が並んだ場所だけ、担当者が一人だけでした。
何とか国内線に間に合って30分前に到着しましたが、案内板に搭乗口が出ていない。
これは遅れると判断して、夕食を取ることにしました。
ところが半分も食べないうちに、搭乗のアナウンスが流れました。
Garudaのカウンターかどこかで尋ねるべきでした。
ジャカルタへも30分遅れて到着。今日は遅れてばかりでしたね。
タクシー乗り場がチケットを取るようになっており、待ち時間の短いほうを取ったのですが、Bluebirdではないので、取り直しました。
50番目でしたが、10分も待たずに乗れました。
支払いが前回より安く、サーチャージを含めてRp29,000でした。前回はRp45,000でした。
Bluebirdは安心なので、多少の差は大目に見るしかないですね。
Hotel FM7に到着したのが9時だったので、急いでシャワーを浴びて食事に行きました。
ここでビールを飲むと落ち着きます。

8月7日(月)
昨夜はビールのせいで4回もトイレに起きましたが、最後に目が覚めたのが2時半だったので、そのまま起きました。
30分の前倒しで、3時のシャトルバスを利用しました。
いつもの如く、Lion Airの直行便で30分前に搭乗。予定通りにパルーに到着しました。
そのまま縞黒檀の検品に行き、昼食も工場でご馳走になりました。
いつも有難いことです。

Hotel Santika に1時半にチェックインして、しばらく仮眠。
ぎっくり腰のことを調べて、いろいろな体操をしました。
そのあと、携帯電話の表に貼ってあるのを換えに行きました。
綺麗に掃除をしてもらって、Rp100,000(日本円で900円)と安く気の毒でした。
見違えるように綺麗になりました。

夕食はBorobudurで鶏を食べるか迷ったのですが、やはりビールのあるRamayanaに行きました。ところがビールが1本でおしまい。
冷えてないのもなく黒ビールしかないということで、1本で終了。
Cap Cae Goreng、Nasi Goreng, Ayam Goreng と3種類頼んでくれたのですが、多く残ってしまいました。
その後、ドリアンを食べに行きましたが、初めての場所でした。
ここは実が大きく美味しかったですね。
小さいのでRp35,000/kg, 大きいのがRp40,000/kgでした。
一番大きいのが吊るしてあって、約5kgありました。
パリギ産ということですが、今まで見たことがない大きさでしたね。

                 

8月8日(火)
今日は7時20分のLion Air.でスラバヤへ。
連れは7時10分のLion Air でマカッサルへ。
両方とも30分前に搭乗して、15分前に出発。
スラバヤへは20分早く到着しました。
空港内で朝食を取る予定が、迎えが既に来ており、そのまま工場へ。
営林局の木材が入荷していますが、量は少し少ないといった状況です。
単価が上がったので、中国人の買いが止まったそうです。
3社のうち、1社だけが買ってくれるそうです。後の2社は中国での単価が上がる12月頃から再度買いたいということです。
集材も難しくなっており、単価も上がっているので売価も下がらないと思いますが、年末頃にどうなるかですね。
売る方も余分な利益を儲けているので、しばらくは値段が落ちないですね。その後に
どうなるかです。ワシントン条約で出材量が少なければ単価は落ちないと思われます。

今回は両替で失敗しました。デンパサールで両替する時間がなく、ジャカルタのホテルで両替しましたが、13%余り損が出ました。
準備不足という自分が蒔いた種ですね。
いつもルピアが十分にあるのですが、今回はRp300,000(日本円で約2,700円)だけでした。
携帯電話の補充もしないといけないと思ったのですが、結局、取引先の事務所の方に依頼することになりました。Rp100,000と大きな金額のPulsaを置いていないようで、何回にも分けて入力がしてありました。お陰で使える期日が大幅に延びて来年の8月までOKです。
すなわち、1回の入力につき1か月の延長のような感じです。
次は、Rp20,000くらいので何回もしてもらいます。
勉強になりました。


5月

57日(日)

 ジャカルタには少し早く到着しましたが、Terminal 3 への移動で時間が掛かり、予定通りの時間になりました。
 タクシー乗り場がチケットを取るようになっており、
Bluebird とそれ以外のタクシー会社に分かれています。当然、Bluebird のチケットを取ったのですが、25番目でもすぐに乗れました。ただ、Surcharge の支払いがあり、以前より高くなっていました。今まではRp30,000支払っていたのが、Rp45,000になりました。ホテルは、いつものHotel FM7でした。
 ところが、問題が発生。パソコンの画面が開かないのです。
充電も出来ない状態なので、何ともしようがなく、スマホを頼りにするしかなくなりました。

58日(月)

 1時ごろに電話が入り、4時に待ち合わせになりました。
 私は当初の予定通りに、3時のShuttle Bus で空港へ行きましたが、結構込んでいて、チェックインできたのが410分前でした。3人で来られたのですが、並ばれていた列では間に合わないと思い、別の列に移ってもらいましたが、それでもギリギリでした。既に搭乗は始まっていましたが、間に合ってヤレヤレです。
 パル―に到着すると、今日は田舎まで行くのかと尋ねられ、行けるのであれば行きたいということになり、工場へ寄って見学をした後、早めの昼食を済ませ、田舎まで。
 到着したのが315分でした。縞黒檀の原木も近くにあるということで、それも見に行きました。
 一緒に行った方々は感激をされていました。パル―へ帰ってきたのが8時半だったので、そのまま夕食へ。忙しい一日でした。

59日(火)

 私だけ早く出発。720分発の直行便でスラバヤへ。
 工場へ行ったのですが、原木が少なくなっていました。予想した通りですが、営林局でも原木が少なくなっており、良材が減っているそうです。単価も上がっており、これからどうなるのか非常に心配です。
 我が社のオーダーも続いて作成すると言っていますが、単価不明で、納期も不明です。
断ったら良いのか、そのままにするのが良いのか判断がつかず、お客様に任せるしかなくなりました。

1月

16日(金)

 今回はシンガポール航空を利用しました。早めの予約で安かったのと帰りにシンガポールに寄れるからです。ただ、今日の乗り継ぎの時間が55分しかなかったので、急いで行ってすぐに搭乗でした。

 30分前から搭乗が始まったので当然のことですが、やはり気持ちが急いでいましたね。

 デンパサールでは結婚式の披露宴が行われるホテルに予約を入れてもらっていましたが、空港からは道が混んでいることもあり30分ほど掛かりました。

 Kutaの北にあるのですが、Seminyak という場所にあるThe Trans Resort Hotel という五つ星のホテルでした。

                       

 結婚披露宴があるということで安い設定になっており、Rp180,000(日本円で約16,000円)でしたが、部屋の中が異常に広かったですね。ベッドには4人くらい寝られそうでした。両替は空港でしたのですが、JP\1=Rp110でした。


17日(土)

 バリにはMoney Changer が一杯あり、土日も7時半頃から開いており料率もいい。JP\1=Rp112Rp114で両替が出来たので、銀行で換えるのが馬鹿らしいですね。

 今朝は5時半から歩きに出ましたが、チークの根っこを販売している会社が数か所ありました。以前は台湾人が競って買っていったモノです。

 10時半から中国式の儀式に参列。花嫁は中国人です。年配者に結婚する二人がお茶を提供するのですが、その代わりにお祝いのお金を渡します。夫婦だと2人ともが渡していました。その後、結婚式に参列。キリスト教会での挙式でしたが、2時間足らず掛かりました。

                        

 前の人がするように真似をするのですが、神父さんが英語で言われても追っていくのが精一杯でAmen というのがなかなか言えなかったですね。

 帰りにWAHAHAというポークレストランに近くにある小さなポークレストランに行きました。バリ島では有名な店で、午後3時前にも拘わらず本当に一杯でした。

                 

 それから、Kutaの海岸までは行く時間がないと思い、Seminyak海岸に行くことにしました。ここにはTaxi Baliがあり、問題なくメーターで走ってくれました。10分くらいということでしたが混んでおり、20分くらい掛かりました。折角なので、海岸縁のホテルでジュースを注文して、海を眺めていましたが大勢の人々でごった返していました。

 その後、6時から受け付けが始まる披露宴でしたので、10分前に行きましたが、誰も来ていない。それで610分に再度行きましたが、それでも2番目。再度、部屋に帰って友人家族と一緒に行きましたが、結局始まったのが7時半。それだと急いで海岸から帰る必要はなかったのに。花嫁の出身地である中国からの参列者が少なく、100名余りの結婚披露宴でした。

                        


18日(日)

 今朝は6時半にホテルを出発しました。ホテルからのタクシー料金はRp80,000でした。空港からホテルまでのRp200,000は何だったのしょうね。2倍以上ですから高過ぎますよ。昨夜の披露宴は気分的に疲れましたね。

 マカッサルまで行って、昔に我が家で預かっていた男性に出会いに行きました。結婚して既に男の子が2人おり、長男は元気者でしたね。今日の宿泊ホテルは新しく出来たホテルで、THE RINRAというホテルでした。Rp1,100,000と高いのですが、ここも広い部屋ですね。

 周りがどんどん開発されており、埋め立て地区ですが、これからもどんどん活気が出てきそうな雰囲気です。土地の値段もどんどん上がっているようです。夕方からカリフールに行きましたが、凄い人ですね。

 服、靴、バッグなどを販売しており、映画館もありました。地下は飲食街で、軽食の店はどこも一杯の人でした。その後、友人が経営しているレストランで夕食。楽しいひと時でした。


                         


19日(月)

 朝4時半にホテルを出発して、デンパサール到着が810分前。デンパサールの空港では椅子にモンキーポッドを使用していました。

                         


考えた末、Kuta海岸を歩くことにしました。

                         

 砂浜を過ぎると海岸べりに歩けるようになっており、Discovery Kartika Plaza Hotel という大きなホテルでトイレを借りた後、再度歩いて10時過ぎまで散歩を楽しみました。

 Pantai Kuta(クタ海岸)まで空港からRp130,000と高いのですが、管理されているようで、Bali Taxi (Bluebird Taxi Group)が拾えない状態になっています。2倍以上ですから、本当にひどい話です。

筆者:近都賀彦(きんつよしひこ)

年度別海外情報

2016年 ■2015年 ■2014年
2013年 ■2012年 ■2011年 ■2010年 ■2009年 ■2008年 ■2007年
2006年 ■2005年 ■2004年 ■2003年
 2002年 2001年 2000年


インドネシア情報

2016年2015年 ■2014年
2013年
2012年 ■2011年 ■2010年 ■2009年 ■2008年 ■2007年
2006年2005年 ■2004年 ■2003年
 2002年 2001年 2000年

 

唐木の(株)ダイキン
〒675-1318 兵庫県小野市北丘町355-3 
TEL:0794-62-5335 FAX:0794-62-5338

メールはこちらから

↑ページトップへ戻る

Copyright(c)DAIKIN ALL RIGHTS RESERVED.